火ノ丸相撲223話のネタバレと考察!

火ノ丸相撲222話のあらすじ

草薙対鬼丸の大相撲での一番。初め正面からぶつかるものの、草薙は力負けしたように押されてしまいます。

その後立ち合いは互角であるように思われましたが、鬼丸の奇襲により草薙の腰が高くなります。

自分の横綱相撲を考える火ノ丸は高校での仲間たちとの練習風景を思い出していました。

「道は一つじゃない。それは一見遠回りに見えるかもしれねぇが・・・敬意と覚悟で切り開いたその道は、目指した先へと続いとるとみんなが教えてくれたから・・・」

鬼丸は連続の張り手で押しますが、そのわずかな隙間から草薙の右手が鬼丸を捕まえます。

必殺の右を取られ、お互いに回しを引き組み合う状態になる鬼丸と草薙。草薙の右上手と同じく、鬼丸の必殺の右下手も入っていました。

「見せてみろよ―――君たちはどんな神になる?」

刃皇が改めてこう問いかけ、先週は終了しています!

火ノ丸相撲223話のあらすじ

草薙の右上手と鬼丸の右下手という互いの必殺の型で胸が合い、膠着状態になります。

目に見えない数多の攻防が脳裏で繰り返されます。一見、土俵では力の均衡が保たれているように見えました。

しかし、仮初の均衡もすぐに崩れました。

鬼丸が右下手から投げにかかるも不発に終わり、次の瞬間には草薙が鬼丸の回しを切りました。

そのまま寄りきって、土俵際へと追いやられますが鬼丸は頭をつけて何とか半身だけ残して堪えます。

鬼車が打てないため、派生する技も全て使えず決めきれない鬼丸。

高校時代の対局に比べ、手札が足りていないという状況でした。

鬼丸が右ひじを怪我をした時のショックで鬼車が打てなくなってしまったのは精神的なものであると蟹江(火ノ丸の腕の治療を見てきたお医者さん)は言います。

「イップス」と呼ばれるトラウマによる肉体的障害が鬼丸にも生じている、もう二度と同じようには投げられないと思え、と完全復帰は難しいという宣告を鬼丸は受けます。

「・・・みんなの技でここまで来れた・・・なら・・・ワシは・・・ワシはどうする!!」

今までは五條の張り手や蛍の八艘跳びで窮地を乗り越えてきましたが、自分の技と向き合わなければいけなくなったのです。

「大和国は人をやめ神となった。刃皇は人を謳歌し神になる。ならワシは・・・ワシはワシを謳歌する!!」

火ノ丸の答えは自分の体の小ささも、大きさも全部自分であると受け入れて闘うというものでした。

「もし理由をつけるなら、火の丸の「体」があの頃を思い出したのかもしれない―――」

大太刀高校の元相撲部たちが見守る中、打ち出した技は「正調右下手投げ 鬼車」でした!鬼車を昔のように放ち、それに呼応するように草薙も過去を振り返ります。

「君を待ってたんだ。潮火ノ丸・・・!!!」

ここで今週号は終了しています!

火ノ丸相撲223話の感想と考察

ついに右ひじの不調から復帰し火ノ丸は「鬼車」を打ちました!

今週、初めて出てきたワードですが、火ノ丸の抱えていたトラウマは「イップス」というものだそうです。

今のところ、そのような問題はストーリー中の他の選手にはありませんが、敢えてそのワードを今回示したという事はこれからの展開に関係するかもしれません。

来週号は草薙の心情が中心に描かれていくと思います!