キングダム 585話のネタバレと考察!雷獄

キングダム 585話のネタバレと考察!

キングダムの最新話!【第585話】を読んだのでネタバレと感想・考察をまとめてみました。

キングダム 584話のあらすじ

まだ前回のお話を読んでいない方はこちらから

李牧の策で秦右翼の玉鳳を狙う趙峩龍と堯雲。
まず、趙峩龍が玉鳳を狙い玉鳳隊を引き付ける。ずっと反対側の堯雲と岳嬰軍の千騎が連携して堯雲の軍が飛信隊の目を欺き気づかれずに移動して玉鳳隊の側面から攻める。
李牧の策によって狙われて後手に回され、徐々に劣勢になってしまう玉鳳隊。
堯雲が率いる雷雲と十槍がついに玉鳳本陣に迫る――。
[keni-linkcard url=”https://crookedruler.com/archives/49″]

キングダム 585話のネタバレ

十槍が騎馬を走らせ突撃して玉鳳隊士を一撃で破り、王賁の親衛隊と激突する。
親衛隊は十槍の足を止め、花弁の陣で反撃に出る。
十槍の一人が
「フッ悪くない、確かに我らだけであったら苦戦していたかもなァ」
そこへ騎馬で駆けつけた堯雲が巨大な矛の一振りで玉鳳の親衛隊3人を同時に葬る。
その姿を目撃し唖然とする王賁。
「堯雲だ!!堯雲がいるぞォ」

堯雲と十槍が親衛隊を倒している様を、遠くで戦っていた関常隊士が気付いた。
「関常隊長!」
「何だ、どうした?」
「若君が・・・本当に危ないかも」
十槍3人と堯雲に取り囲まれ、四方から槍と矛で猛攻を受ける王賁。
王賁はなんとか凌ぎきっているものの所々被弾し、血が流れ、満身創痍な状態。
十槍と堯雲が王賁を取り囲む所へ玉鳳隊士が駆けつける。
「くそっ!護衛が皆殺られてる、何としても賁様の元にっ!」
だが、取り囲んでいる十槍に迎撃されてしまう。
「すぐに済むからもう少し外に居ろ」
「雷獄――武を合わせ持つ厄介な秦六将を一瞬で討つために生み出された術。奴らには喰らわす場はなかったがかつて列国の将軍・大将軍を幾人も葬った」
「堯雲様と雷雲十槍のこの囲いを受けて生きて外に出た人間は一人もいない」

玉鳳右翼。

王賁の指示で右翼の指揮をとっている副長番陽は、趙峩龍の軍と奮戦していた。
「いいぞォ!その調子だァ!」
「賁様の道を阻まんとする敵を打ちのめせェ!」
突如、趙峩龍軍が王賁本陣と玉鳳右翼を分断させようと左から割って入ってくる。
敵の意図に勘付いた番陽は、王賁本陣を目を凝らしてよく見ると本陣に異変があることに気が付き、慌てて騎馬を率いて本陣に戻ろうとする。
本陣にただ事ではない何かが起こったのだと確信し、部下のどうしたのか?という問いにも目もくれず騎馬を走らせるが、そこに趙峩龍とその軍が現れ道を阻まれてしまう。
「老兵よ、残念だがここは通さぬぞ」
いかん・・・我々は・・・はめられたのか・・・賁様――。

十槍と堯雲が取り囲んで敵を倒す必殺の術「雷獄」の外側に関常隊が駆けつける。
雷獄を打ち破れず王賁を救出できずにいる玉鳳隊士から期待の声が出るが、
「任せとけって言いたいところだが・・・雷雲とかいう俺らがせき止めてた敵もついて来ちまってる」
乱戦になる隙に王賁救出を試みる関常隊。
乱戦になれば雷獄に割って入れると読んでいたが、それどころか逆に王賁から離されて行ってる事に驚きを隠せない関常とその隊士。
「バカが、藺相如様と堯雲様が練られた術だ、本流だった雷雲が合流すればそれがさらに囲いに加わり強化するところまで仕込まれておるわ」

王賁は堯雲と十槍の攻撃に耐えるのが精一杯で堯雲を目の前にして反撃できない、包囲も突破できないでいた。
休みなく四方からの猛攻に耐えていたが、疲弊が溜まってきたのか徐々に攻撃を被弾するようになってしまい、堯雲の攻撃で馬ごと吹き飛ばされそうになる王賁。
「若!!そこから脱する術は一つしかない!!」
関常か・・・・・脱する術・・・・
意識が朦朧とする中、脱する術に気が付く王賁は関常と同時に行動に出る。
内と外からの一点突破―――!!
持つか・・・力が・・・
十槍の攻撃をかいくぐりながら進もうとする王賁だが余力がなく焦る表情を見せる。
「残ってる力を全部使えっ!囲いを抜けさえすればあとは俺が助けるっ」
「来い若っ!!!」
龍巣!影龍指!!
残る力を振り絞りながら死力を尽くし、十槍を撃破しながら雷獄の壁を進む王賁。
雷獄の外側からは関常とその隊士が王賁に向かって雷獄の壁を突き進む。
満身創痍の傷だらけの王賁だが、その奮戦ぶりを見て信じられないという驚きの表情を見せる十槍と雷雲。
そしてついに、雷獄が突破されるその瞬間―――。
何かに気が付き、焦る表情を見せながら王賁の背に回ろうとする関常。
「若っ!!・・・・」
「そのまま走れェっ!!!」
関常は王賁の背に矛を振りかかろうとする堯雲から守ろうとしていた。

キングダム 585話の感想と考察

今回は戦闘シーンが多かったですが最初から最後まで玉鳳隊ピンチでしたね。

反撃もできずにここまで苦戦を強いられたのは初めてではないでしょうか?

全体的に王賁が後手にまわりすぎてる印象でした。

雷獄が完成する前に、包囲されるまえに王賁自ら動いて堯雲を1対1で抑えれば親衛隊と十槍は拮抗するだろうし、拮抗状態なら王賁が一人孤立することもなく、そこまで苦戦しなかったのにと思いました。

次の話では関常をかばって王賁が討たれるのか気になりますね、あのままだと関常が死にそうだけど個人的に関常は好きなので死んでほしくはないですね。

キングダムのネタバレ一覧

キングダムのネタバレをまとめて読みたい方はこちら!
キングダムの最新話ネタバレ一覧!