GIGANT 25話のネタバレと考察!

GIGANTの最新話!【第25話】を読んだのでネタバレと感想・考察をまとめてみました。

GIGANT 24話のあらすじ

まだ前回のお話を読んでいない方はこちらから

ETEの謎の提案から人々を救ったパピコが逮捕され、パピコの身を案ずる零。
中島に自分とパピコとの関係を告白し、零の身の回りで起こっていることを報告する。
世間は女巨人を犯罪者として扱うべきなのか?
東京と救ったヒーローではないか?と問いかける。
ETEサイトの存在が世の中に認識され、ますます謎が深まるETEという存在。
東京上空に現れた大量のUFOが目的も不明なまま人々を連れ立っていくなか、ただそれを傍観することしか出来ない世の中の人々。

GIGANT 25話のネタバレ

スマホを片手に食事をする横山田家。

テレビで中継されていたUFOの連れ去り事件の行方不明者数は853名だと父親が家族へ伝える。

零のスマホにはパピコが内乱罪で起訴との記事が写しだされていて、とても家族と会話できる様子ではない。

学校で中島から内乱罪はおかしくないか?と言われ、下を向く零。

「内乱罪ってほとんど死刑だぜ おい。」

下校の際、中島からパピコの居場所を聞かれ、東京拘置所と返す零。

中島は「そっかー。どうしようもないな…」と諦めた様子で言う。

零はパピコの部屋に来て、どうしようもない現状に立ち尽くすだけだ。

泣きながら自転車で帰宅し、母と二人で食事を済ませ、預かっている愛犬もちを抱きかかえ自室へ行く。

もちとベットに寝そべりながら、ふとパピコに手紙を書くことを思いつく。

雨の中、パピコを想い投函した手紙は東京拘置所にパピコのもとへ届く。

届いた手紙を大切そうに頬ずりしながら涙するパピコであった。

不安な日々を過ごしながら、パピコの裁判は始まった。

授業中、机の下のスマホの画面に表示されたのはパピコの死刑 求刑という見出し。

零はただ泣くことしかできない…

突然、生徒たちのスマホの緊急速報のアラームの音が教室に鳴り響く。

学校の校舎が振動で揺れ、生徒達は不安に表情を曇らせる。

一人の女子生徒がスマホを教師に見せながら声をあげる

「先生!!ETEです。ETE!!」

女子生徒は「ETEで東京の人口が…」と先ほどの続きを読み上げようとするが、揺れがおさまり震度4…くらいかな…?と教師が呟く中、窓の外から声が聞こえる。

「いる? いる!!いる!!」

教室の中を覗きこんでいるのは巨大な子供達。

不気味な子供達はあざ笑うように教室内を眺める。

「早く!! 早く!!」
「いーっぱいいるー」
「いーっぱいいるぅー」

突然目の前に現れた巨大な子供達を前にしても夢を見ているかのごとく逃げようとしない生徒達。

「うそ」
「何これ、何これ。」
「ETEだって。」

零も目を見開き驚いたまま、席から動かないでいる。

GIGANT 25話の感想と考察

拘置所に拘束されているパピコをどうすることもできず涙する零。

恋人を自分の力でどうすることもできないのは辛いですね。

零からの送られた手紙を頬ずりしながら泣くパピコの姿は読んでいて切なくなります。

しかし、そんな二人の気持ちも全く気にせずにETEの暴走は止まりません!

そして突如、零達の前に現れた謎の子供達。

無邪気な言動とは裏腹に不気味な笑みを浮かべる彼らの目が怖いです。

目の前の恐怖に零達の運命は?

GIGANTのネタバレ一覧

GIGANTのネタバレをまとめて読みたい方はこちら!
GIGANTの最新話ネタバレ一覧!