アクタージュ 48話のネタバレと考察!最終幕 阿良也の本当の気持ち?

アクタージュ 48話のネタバレと考察!

アクタージュ【第48話】を読んだのでネタバレと感想・考察をまとめてみました。

アクタージュ47話のあらすじ

前回のお話をまだ読んでいない方はこちら!
[keni-linkcard url=”https://crookedruler.com/archives/77″]

アクタージュ48話のネタバレ

舞台「銀河鉄道の夜」は最終幕を迎えています。

ジョバンニ役の阿良也は景演じるカムパネルラに何度も語りかけます。

孤独と幸福と別れを経て更に化ける、ジョバンニの感情。

そんな阿良也の演技を見て、七生は

「私、巌さんと出会えて、皆とお芝居できて本当に良かった」と涙を流します。

ジョバンニの呼びかけに応えなかったカムパネルラでしたが、とうとう席を立ち

「僕もう行かなくちゃ」とジョバンニに告げます。

彼らの芝居が切なく涙を誘うのはジョバンニが銀河鉄道の旅路の中での乗客たちとの
出会いを通して、カムパネルラの死に気づいているからではないか、と星アリサは思います。

本当は気がついているのに、現実から目を背けるその人間らしさに人は共感するからではないか、と。

この先、カムパネルラが音もなくジョバンニの元から立ち去ると一人残されたジョバンニは元の世界に戻っていて
そこでカムパネルラの死を教えられる。

そして彼らの初日の芝居がおしまいになります。

「カムパネルラ、行くって一体どこへ」

阿良也は問いかけますが、景が演じるカムパネルラの姿に巌さんが重なります。

役とシンクロしていたはずの阿良也でしたが、演じている自分がジョバンニであるのか阿良也であるのかが曖昧になってしまいます。

そこで阿良也のセリフが止まります。

阿良也は気がついていたのです。

日に日に小さくなっていく巌さんのことを。

景と巌さんのウソも。

(自分の気持ちの分からない役者は他人の気持ちも分からない)

いつかの出来事が思い浮かびます。

彼らの気持ちに気づいていた阿良也は自分の気持ちに気づけないでいたのです。

「さようなら」

カムパネルラから告げられた別れの言葉で阿良也は巌さんとの別れをシンクロします。

巌さんを感じた阿良也は景の腕を強く掴みます。

皆が驚く中で阿良也は

「いやだ」と本当の気持ちを声に出してしまいました。

それは本当の別れを知らない阿良也の心からの声だったのです。

アクタージュ48話の感想と考察

阿良也の圧倒的な芝居で進んで来ましたが、ここでついに阿良也が本当の気持ちに気がついて
しまいました。

ジョバンニと自分との境界が曖昧になってしまい、ついには「いやだ」と
口にだしてしまいます。

阿良也がこうなることはある意味で喜ばしいことなのかもしれませんが、芝居的には一波乱ありそうです。

例え景の話を聞いていても、本当の別れを経験していない阿良也はそれを自分の血肉に変える事は完全には
出来なかったのでしょう。

ジョバンニが言った「いやだ」に対して、カムパネルラを演じる景はなんと答えるのでしょうか。

そして巌さんの最後の舞台、今の阿良也の状態は巌さん自身が思い描いていたものなのでしょうか?

長かった「銀河鉄道の夜」ももうすぐラストになりそうです。

ここから先はきっと台本のないストーリーでしょう。どんなお別れを見せてくれるのでしょうか。

次回が楽しみです。

アクタージュのネタバレ一覧

アクタージュのネタバレをまとめて読みたい方はこちら!
→ アクタージュの最新話ネタバレ一覧!