僕のヒーローアカデミア 212話のネタバレと考察!先代といよいよ対話!?ワンフォーオールの中で見たものとは?

僕のヒーローアカデミア 212話のネタバレと考察!

僕のヒーローアカデミア【第212話】を読んだのでネタバレと感想・考察をまとめてみました。

僕のヒーローアカデミア 211話のあらすじ

前回のお話をまだ読んでいない方はこちら↓↓↓

僕のヒーローアカデミア 211話のネタバレと考察!暴走する出久の能力にお茶子のとった行動は!?

僕のヒーローアカデミア 212話のネタバレ

「両親はいつも疲れた顔をしていて、それが辛かった。」

お茶子の回想から今回のお話は始まります。

人の喜ぶ顔が好きだった小さいころのお茶子には、ヒーロー活動をするヒーローたちよりもその周囲の人々の笑顔に目が行きました。

そんな彼女にとって困っている人を助けるのは当たり前で、ヒーローを志したのもそれが発端でした。

そしてそれと同時に気づいたのは、人を助けることがいかに大変かということでした。

緑谷を近くで見てきたお茶子は思います。

「ヒーローが辛い時、誰がヒーローを守ってあげられるだろう」

ここでシーンは対抗戦中へと戻ります。

緑谷の暴走に飛び込むお茶子。

声がかき消されそうになりながらも名前を呼びかけますが、彼の様子から、自分の意思で止められないことに気づきます。

咄嗟に周囲を見回し、心操を見つけ、洗脳をかけるように叫びます。

「心操くん!!洗脳を!!デクくんを止めてあげて!!」

止めてあげて、という言葉に危機を感じ取り、何を問うか逡巡します。

体育祭で直接対決をし、敗北した相手に、あの時とは違う自分を見せてやれると楽しみにしていた心操の問いかけは自ずと決まっていました。

「緑谷ァ!!―――俺と、戦おうぜ」

黒い閃光に飲まれながらも緑谷は必死に答えます。

「~~~~~~!!!!応!!」

その受け答えとともにワンフォーオールの暴走はピタリと止まります。

収縮していく閃光の中、暴走の発端となった右腕にクローズアップします。

そして、次には口と四肢が黒い影で覆われた緑谷の姿がありました。

そこははまたしても先代ワンフォーオールの面影を見た場所だったのです。

「違うんだよ違う!言ったさ!確かに「一人じゃない」ってさ!?でもさ!その力はもう!雑念マシマシで使っていいモノじゃア、なくなっている!」

意識の中で出会ったのは、以前にも会ったことのあるゴーグルを付けた坊主頭の、ワンフォーオールの以前の継承者の姿でした。

「歴代継承者の一人・・・!」

驚く緑谷でしたが、前回の面影を見た時と同様に自身の口は影に覆われ声を出すことはできないようでした。

「頑張りなさいよ!!」

ここで今週は終わっています!

僕のヒーローアカデミア 212話の感想と考察

今週号も少し少なく、13Pとなっていました。

先週号と一気に読めるような内容になっているため元々一つの話として収まっていたものを二つに分けたのかもしれませんね。

先週に続き心操の呼びかけのシーンがありましたが、「戦おうぜ」とただ一言だけあるのも少年らしくていいと思います!

来週号はワンフォーオールとの対話を少しした後、対抗戦に戻ると思われます。

その時に相澤先生にまた緑谷が叱られることだけが個人的にはすごく心配です・・・。

また、最終戦自体が続くのかどうかも今の時点ではわかりませんが、やはり難しいと思われます。

僕のヒーローアカデミアのネタバレ一覧

僕のヒーローアカデミアのネタバレをまとめて読みたい方はこちら!
→ 僕のヒーローアカデミアの最新話ネタバレ一覧!