食戟のソーマ 294話のネタバレと考察!

食戟のソーマ【第294話】を読んだのでネタバレと感想・考察をまとめてみました。

食戟のソーマ 293話のあらすじ

前回のお話をまだ読んでいない方はこちら↓↓↓
食戟のソーマ 293話のネタバレと考察!お題はクリスマスケーキ!兵装料理はどう爆発するのか!?

食戟のソーマ 294話のネタバレ

自身の兵装料理に気のスプーンなんかで勝てると思っているのかと怒るサージェ。

それに対してソーマはそんなことはないと弁明しながらも、コンビニで買ってきた材料で料理を作ることを宣言します。

昔、サージェは裏の料理人として生きていく中で朝陽と会いました。2人は料理勝負をし、勝った方は相手を好きにしていいという条件でサージェは敗北しました。

二言はない、と覚悟したサージェの手を朝陽は取ります。

「俺さ、ある目的のために配下として活躍してくれる有能な包丁を集めてるとこなんだよ。俺の懐に招き入れてやる・・・だから俺の野望の手助けをしちゃくんねーか?」

安らげる場所がないからこそノワールなんてやっているんだろ?と朝陽は優しく語りかけます。

それからサージェは朝陽の部下になったのです。

そんな朝陽が言った事に間違いがあるはずがない、ソーマは取るに足らない雑魚だとサージェは確信します。

サージェの作った極上のメレンゲを超えるためにソーマが取り出したのはコンビニで買った豆腐と豆乳でした。

それらをバナナやココアパウダーと合わせてフードプロセッサーで撹拌していきます。

そして生地には山芋を使い、なんとコンビニの袋を使い素手で潰していきます!

そして完成した生地を炭火の遠赤外線で焼いていきます。

本来和食や卵焼きを作る職人が行う技法をソーマはケーキに応用したのです。

審査員たちはその場で次々とメニューを組み立てていき、無理難題をこなすソーマが理解できませんでした。

ソーマは実家にいた時、父親から数々の難題を与えられてきました。

新作メニューや大量の出前、砂糖無しのスイーツ作りなど様々な問題をこなしてきたソーマはやがて与えられたお題を難なくこなしていくようになります。

その経験が今のソーマを作り上げていたのです。

そして完成したのはブッシュ・ド・ノエルという切り株を模したケーキでした。

しかしその上部には花火玉が乗っており、真夏のクリスマスという意図がここにありました。

そしてその切り株の作成にこそ、木製のスプーンを使ったのでした。

折り割ったスプーンでチョコに線を引いていったのです。

審査員が一口含むと、天に上るような描写になります。

「例えるならパッと散りゆく花火・・・・!なんてサラリとしたほのかな甘みなんでしょう!」

ソーマは山芋を加えることでほんのりとした甘みを演出していました。

そして、このケーキは砂糖も乳製品も一切使わずに素材の甘みを融合させて作り上げていたのです!

何故そんな手間を、と観客席がざわめきます。

「だって品を楽しみに待ってくれているのはあくまで今!このテーブルの皆さんっすから。

蒸し暑い夏場に味わうなら、よりさっぱりとしたケーキのほうが嬉しいかなって!」

ソーマの気遣いがこの砂糖を使わないケーキを生み出したのです。

そんなものが自分の品に並ぶわけがない、驚きであれば自分が勝っているとサージェは言います。

しかし、そのケーキにはまだ花火玉が残っていたのでした・・・。

以上が今週号の内容です!

食戟のソーマ 294話の感想と考察

作中の季節と現実の季節を織り交ぜた夏場のケーキという内容でした。

乳製品などを使わないという事で真似して作るのも面白いかもしれません!

またスプーンは模様付けに仕えるという事でしたが、他にもコンビニの商品を有効活用するところに現実感が合っていいと思います。

来週号では冒頭に花火玉の中身が出てくると思うので要チェックです!

食戟のソーマのネタバレ一覧

食戟のソーマのネタバレをまとめて読みたい方はこちら!
→ 食戟のソーマの最新話ネタバレ一覧!