チェンソーマン 5話のネタバレと考察!

チェンソーマン【第5話】を読んだのでネタバレと感想・考察をまとめてみました。

チェンソーマン 4話のあらすじ

前回のお話をまだ読んでいない方はこちら↓↓↓
チェンソーマン 4話のネタバレと考察!新キャラクター魔人「パワー」登場!

チェンソーマン 5話のネタバレ

共にパトロールをすることになったデンジとパワー。

「人間!早くなんか殺させろ!ワシは血に飢えておるぞ!」

理性が高いことから駆除対象である魔人でありながら早川の隊に入っているパワーですが、はやり魔人ということもあり獰猛なのがうかがえます。

理不尽に後頭部を叩かれるデンジ。

しかし、デンジはある程度の理不尽であれば顔が良ければ許すと言い、それよりもどうやって胸を揉むかを考えています。

マキナからは頭の角が目立つから人通りの少ないところをパトロールする事、

もし民間のデビルハンターや警察官と会ったら「公安退魔特異4課」という事を教えられていました。

実際に警察に会い、それを実行すると警察はすぐに帰ります。

「前にも言ったけど公安退魔特異4課は実験的部隊なんだ。結果を出せなかったらすぐにでも上の方々が解隊しちゃうかもしれない。そうなったらキミ達がどうなるかはわかるよね?」

マキナは今までと同じような脅しにも似た言動でデンジ達に指示をしていました。

しかし、デンジ達は悪魔と遭遇する事はありませんでした。

パワーは魔人になる前は他の悪魔にも恐れられていたため、そのせいだと言います。

早川にはめられたとデンジが考えていると、パワーが血の匂いを感じ取り猛ダッシュしていきます。

そのまま、ビルから飛び降りると、彼女の手首から大量の血が出ます。

そしてその血は空中で大きなハンマーとなりました。地上では刀を持った民間のハンターが公衆電話で連絡を取っていました。

ですがそんなことはお構いなしに落下と共に地表の悪魔を粉砕します!

「どうじゃ!!ワシの手柄じゃ!!ガハハハハハ!!」

顔面を血に染めながらパワーは高笑いします。

その後、処理が終わりマキナが駆けつけ

「民間のハンターが手を付けた悪魔を公安が殺すのは業務妨害。普通だったら逮捕されちゃうよ」

と釘を刺します。パワーは魔人になる前は『血の悪魔』で血を使った戦いが得意だと言います。

しかし、すぐ興奮する彼女はデビルズハンターには向いていないかな、とマキナが言うとパワーはひどく動揺しデンジのせいにし始めます。

どちらの責任かの水掛け論にマキナが一言

「静かに出来る?」

と言うと、パワーは更に萎縮します。

その姿に疑問を持つデンジでしたがマキナは責任などどうでもよく、活躍が見たいと言います。

その後、自販機の前へと場面が映ります。

デンジはジュースを飲むことも自分にとっては夢みたいなことだが、パワーのせいでそれも出来なくなると文句を言います。

「ワシが仲良くできるのは猫だけじゃ。人間も悪魔も嫌いじゃ!」

パワーには飼っていたニャーコという猫が悪魔に連れ去られたという過去がありました。

その猫を取り戻す前にマキナに捕まり、今は猫を取り戻すために人間の味方をしているのだと言います。

(人間は悪魔の本能で嫌いなんだそうです)

「猫ォ?くだっらねえな~。俺は胸を揉めるっつーなら何でも出来るけどよ」

やはり人間とは分かり合えないと言いながらも、パワーは一つの提案をします。

「ニャーコを悪魔から取り戻してくれたら胸を揉ませてやると言ったらどうする?」

その言葉にデンジは態度を豹変させます。

「猫をさらうなんてよォ!んな事ぁ許せねえよなぁ!?」

不純な目的で二人は固く約束を結びます(笑)

ここまでが今週号の内容です!

チェンソーマン 5話の感想と考察

前回の胸を揉む話から、まさか約束するところまで行くとは思いませんでした(笑)

悪魔の貞操観念や自身の体をどう思っているのかも気になるところですね。

そしてパワーは血の悪魔という事で様々な応用の効きそうな能力でした。

来週号で猫を攫った悪魔のところまでたどり着くかは分かりませんが、捜索するパートはあると思われます。

チェンソーマンのネタバレ一覧

チェンソーマンのネタバレをまとめて読みたい方はこちら!
→ チェンソーマンの最新話ネタバレ一覧!