約束のネバーランド 116話 最新話のあらすじと考察!「檻への侵入」

約束のネバーランド116話 最新話のあらすじと考察!

前回のあらすじ

ミネルヴァさんの指示のもと「ライオンのあご」への向う道中、鬼に襲われていた二人のジンとハヤトという少年を救う。

ジンとハヤトの案内のもとミネルヴァさんのいるアジトへ向かう筈だったのだが、けがをしていたクリスの容体が悪化。

クリスが死んでしまう。

そんな中、声を掛けたのは鬼に襲われていたハヤトである。

その内容は、農園へ侵入し薬を盗み出すこと。

 

約束のネバーランド116話のあらすじ

「農園に侵入する?」

エマの表情は戸惑っていた。

ジンは続ける。

ここから西へ5キロ離れた場所にある量産型の農園に以前侵入し物資の調達をしたことがあると。

その時に確認したところによると薬の量は多かったと。

農園を襲った時や農園から盗むことによって何百人もの生活物資を確保していることにレイは気づいた。

「今から行っても日暮れまでに戻れる。彼(クリス)を助けられます。」

エマの決断は自分が行くと決断。

少人数にて迅速に決行する、と。

ジンはここに残り、万が一日没までに戻らなかったら皆を連れてミネルヴァさんの所へ連れていく。

ハヤトはエマに付いていき案内をすることとなった。

エマは薬に詳しいザックに同行をお願いしようとする。

しかし声を挙げたのはアンナだった。

アンナは続ける。

ザックはこの場にクリスだけでなくドミニクに何かあった時の為に残った方がいい。

それに、残った者が万が一襲われた時に戦力になり、より経験がある彼の方が適任だと。

ザックも同意見だった。サンディも然り。

何故なら仲間を救うためこの一年半、アンナは猛勉強し薬や医療に一番詳しくなっていた。

ルーカスも舌を巻くほどの知識量だと。

とはいえ、エマの方の戦力も気になるのでレイも同行することにした。

日没までには無事に戻るから。

「行ってきます!」

そしてたどり着いた農園。

低級の量産型農園で警備は低く鬼の数は少ない。

カメラやセンサーさえ避ければまず見つかることはない。

しかし、カメラは音も拾う為出来る限り音は立ててはいけない。

ハヤトより説明を受け、水路より農園に侵入した。

目指すは、廊下の突き当たりにある薬品室。

出てきたすぐ傍には、監視カメラ。カメラの向こう側は二匹の鬼。

最近、農園が襲撃に遭っていることから警戒を強めている。

そして、予想外に鬼が一匹見張りに出る。

その先には、エマ達が居た。

― 鬼に、見つかった ―

鬼も間髪入れずに襲いかかる。相手は知性鬼だ。

レイは銃ですぐに始末する。

「人間!!?」

カメラの向こうで見張っていた鬼も驚きを隠せない。

警報が鳴る。

別の所に居た鬼達も警報を聞きつけエマ達の方向へ向かう。

ピンチだ。

とっさに、ハヤトはエマに薬を取りに行くように指示し、自分は鬼が向かってくる方向へ向かう。

ハヤトは走る。俺はザコでも恩人を死なすなんて真似は出来ない。

レイとハヤトが鬼を相手している間、私は私のするべきことをしよう。

クリスの薬を探し出す。

 

約束のネバーランド116の感想と考察

絶体絶命のピンチの中、果たしてエマとアンナはクリスの薬を取ってこれるのか?

そして、警戒を強めた農園の知性鬼達をレイとハヤトは対処しきれるのか?

予想できないハラハラとした展開で終わった今回。

恐らく、助けは来ない。

その中で必ずこのピンチを切り抜ける筈と信じています。

ハヤトもレイも無事であって欲しいです。