アクタージュ46話 最新話のあらすじと考察!

アクタージュ46話のあらすじ

最終幕の直前の控室では明神阿良也は少し前の事を思い返していました。

夜凪景と星アキラ

期待していなかった二人の存在に阿良也は苛立ちすら覚えていました。

しかし巌裕次郎の「進化する芝居こそ演劇だ」

その言葉通りに二人は成長しました。

阿良也は他人の成長を嬉しく感じると同時に、他人だけでなく自分さえも安く見積もっていたことから、
俺ももっと進化できると感じます。

そして証明してやると。

「巌裕次郎の一番は俺だ」と。

巌裕次郎に見出された演劇界の怪物と巌裕次郎の意思を託された新人の最終幕。

星アキラはただ純粋に観客としてこの二人を観てみたいと感じるのでした。

最終幕直前涙が止まらない景の弟、夜凪ルイの隣で柊雪は感じます。

子供が感情移入してしまうのはジョバンニを演じる阿良也のほうであると。

そしてそれは純粋な少年を演じきれる阿良也のあまりに高い演技力によるものであり、
人は本当に上手い芝居を目にした時、「上手い」ということすら意識できないものであると。

そんな中で舞台に阿良也が現れます。先程までとは違い暗く悲しそうな表情で。

本来物語の序盤にあるジョバンニと病気の母親との会話を一人芝居で演じます。

星アリサは変化し続ける感情を時系列によって完璧にコントロールしている阿良也を
まるで、タイムトラベラーのようであると評します。

皆からの冷やかしやいじめに耐えるジョバンニには心の拠り所と言えるのはカムパネルラしか
いなかったのです。

「カムパネルラだけは」と

ここで一人芝居が終わり、舞台は再び銀河鉄道の中へと戻ります。

ジョバンニは先程とは打って変わって幸せに満ちた表情です。

感情の振れ幅の大きさに星アリサは危うさを感じ、そして柊は芝居が順調に進んでいるはずなのに
なぜか胸騒ぎを感じます。

ジョバンニは言います。

「ねぇ、カムパネルラ。僕たちずっと一緒にいようねぇ」

カムパネルラはすぐに返事をしません。

そして沈黙の中最終幕が始まります。

 

アクタージュ46話の感想と考察

明神阿良也の圧倒的な演技力が皆を圧倒していく、バトル漫画なら阿良也無双回といっても
いいくらいでした。

しかしあまりにもジョバンニの役と一体になりすぎるあまり、星アリサは危うさを感じています。

この後銀河鉄道の夜ではジョバンニがカムパネルラとの別れが描かれていくはずですが、
夜凪景が普通の演技をするでしょうか?

カムパネルラと巌裕次郎の死をリンクさせることで阿良也にも何か変化が起こるのではないでしょうか。

銀河鉄道の夜でのカムパネルラとの別れと、劇団天球での巌裕次郎との別れがこの先阿良也と劇団員達、
そして夜凪景にどんな影響を与えていくのか、次回も楽しみです。