呪術回戦 40話のネタバレと考察!京都姉妹校交流会ー団体戦7ー

呪術回戦40話のネタバレと考察!

前回のあらすじ

パンダがパンダゴリラモードとなりメカ丸と奮闘の末、相手がリタイアという形で勝利を納めた。

メカ丸はパンダへの気持ちも少し柔らかくなった様子。

一方で、真希が京都校の三輪と交戦中であった。

呪術回戦40話のネタバレ

「真依の馬鹿!!この人滅茶苦茶強い!!」

真希の一方的な攻撃に三輪はその攻撃を避けることに精一杯だった。

真依から聞いていたのは、真希は眼鏡が無ければ見えない、道具を振り回すだけの万年4級。

しかし、実際目の当たりにすると話に聞いていた万年4級とはまるで違う。

この狭く木々の障害物 が多い中、真希は大太刀を振り回す。

もしも、真希が刃を出していたなら三輪は3回死んでいただろう、そう感じた。

三輪の攻撃の特徴は抜刀。

それをしようと、距離を置き構える。

すると真希が自身の長い槍を折り暗器と共に投げる。

そして、一気に間合いを詰め三輪から刀を奪った。

「いい刀を持ってるね」真希は余裕そうだった。

一方、モニター越しに見ていた五条達。

真希の様子を見て、
「2級に上げてあげればいいのに」と冥冥が呑気そうに言った。

真希が万年4級の理由、それは真希の実家である禪院家が絡んでいた。

金と権力にものを言わせて呪力を持たない真希の階級を上げさせないのである。

その時、呪いに貼ってある呪符が反応。

パンダが呪いを祓ったのであった。

本来の競争方法はそこなのに、未だに1対1の状態である。

「降りてこい!クソ魔女!!」

相変わらず口の悪い野薔薇が交戦中。

空を飛び風を使う相手の呪術に苦戦を強いられる野薔薇。

しかし、顔に傷を付けられて女は可愛くなかったら価値が無いと言われ野薔薇は激昂。

彼女の雰囲気が変わる。

呪術回戦40話の感想と考察

パンダがメカ丸との勝利を納め、呪いを払う中、真希の戦いにスポットを当てた回でした。

あのままだと真希が圧勝で終わるのではと思います。

しかし、最後の方に出てきた野薔薇。

苦戦を強いられた中、怒りを覚えたとはいえ、どこまで対処できるのでしょうか?

野薔薇は勝利を納められるのか?

野薔薇と併せて伏黒の動きも若干気になりますが、それよりも私は板虎の戦いが気になります。

板虎は強くなって勝つのか?それとも負けるのか?