キングダム 584話 最新話のネタバレと感想!【数十騎】

キングダム 584話 最新話のネタバレと感想!

キングダム584話のあらすじ

朱海平原での激戦が始まり、今日で十三日目。
この日、この戦が大きく動くことになる。

趙の武将、趙峩龍(ちょうがりゅう)が動く。
狙いは王賁(おうほん)であり、彼を討ち取るべく、左へと隊を動かす趙峩龍。
当然のように王賁も番陽(ばんよう)以下四百を右翼へと援軍に送るも、趙峩龍が動くということは何か狙いがあるかもしれないと感じていた。

その頃、飛信隊が受け持つ戦場でも動きが起きていた。
趙峩龍と同等の力を持つとされる尭雲(ぎょううん)が羌瘣がいる右翼へと隊を進める。
曲者である尭雲の行動を注しする信と河了点。
そこに新たな報告が届く。
羌瘣を狙い更に右から敵の部隊、岳嬰(がくえい)軍が飛信隊を狙ってすぐそこまで迫っていた。
元々中央の後方にいたはずの彼らの出現に、流石に慌てる飛信隊の面々。
岳嬰軍の将、岳嬰を討った信に彼らは深い憎悪を感じているはずであり、それは隊としての強さにも繋がる。

それでも羌瘣は負けない。
右翼に歩兵の壁を作り上げ、盾を構える。
“連結剛力”
脅威の防御力で騎馬を跳ね飛ばす。

その光景を見ていた信は戸惑う。
「相手の狙いが急に全く分からなくなっちまった」
そんな疑問を持つのが致命的に遅く、既に尭雲は戦場から消えていた。

少数の手勢を連れた尭雲は岳嬰軍の更に後ろ走り続ける。
それこそが昨夜、李牧より与えられた策であり、尭雲、 趙峩龍という二つの強力な部隊の力で、王賁を含む玉鳳隊を討ち取ることだった。

この時、王賁が自軍の左から敵が迫っていると気付くが、まさか中央より更に左の戦場から尭雲がきているとは夢にも思わない。
また約三百騎という少なさに脅威と感じない。

だが、それは決してただの三百騎ではない。
今この戦場全体の中でも最強に近い武を持つ精鋭騎兵、尭雲直下兵団“雷運”が彼らだった。

あっという間に攻め込まれる王鳳隊。
将である王賁の前に関常(かんじょう)が助けに入る。
激しく激突し戦場は乱戦へ変わる。

ここまで読みきっていた尭雲は乱戦を迂回するように弧を描きながら王賁へと進む。
付き従うは雷雲の中でも更に上位の数十騎。
“十槍”
そんな異名を持つ集団が王賁へと迫るのだった。

キングダム584話の感想と考察

クライマックスへと着々と近づく朱海平原での戦い。
実はこの戦い、史実では明確に記されておらず、キングダム独自の内容のようです。
史実にはないからこそ、先の展開がわからずにワクワクしてしまいますよね。
信が率いる飛信隊もそうですが、王賁が率いる王鳳隊も秦にとっては重要な戦力です。
それは秦国の誰もが理解していることではありますが、やはり電撃戦すぎるのでしょうか。
一方的に攻め込まれる王賁。
彼は無事に尭雲を退けられるのでしょうか。
そしてその後ろにいるであろう趙峩龍の動きも気になるところです。

キングダムのネタバレ一覧

キングダムのネタバレをまとめて読みたい方はこちら!
キングダムの最新話ネタバレ一覧!