食戟のソーマ 292話 最新話のネタバレと考察!

食戟のソーマ292話のあらすじ

凡そ料理に使うような器具ではない物を使い、独創的な料理を作る裏の料理人、通称“真夜中の料理人(ノワール)”。
ノワール達は、誰もが「如何なる場所、状況、食材」においても、その料理人にしか作れない一品とされる“必殺料理(スペシャリテ)”を作ることが出来る。
言うならば「異能」とも呼べるほどの力の持ち主である。
そんなノワールに立ち向かうは、遠月学園が誇る料理人達であり、彼らがノワールにも負けず劣らずの料理を魅せる。

最初に挑むは司瑛士。
彼に異能などと呼べる力があるかは分からないが、“必殺料理”を作ることはできる。
彼は騎士の剣のような長さの「グレーター」を取り出す。
「グレーター」とは通常チーズやレモンを細かくおろす際に使う物。
だが彼は、それで牛肉の塊をおろしていく。
弾力のある生肉をおろせるほどの技術は、正に「剣技」とも呼べるものだった。

司瑛士だけではない。
かつては地味だが丁寧な料理をしてきた田所恵。
彼女もまた成長している。
牛肉の塊を丸ごとオーブンに入れた彼女は、バーナーやバターナイフや串を使い、通常では考えられない行程で料理をしていく。
それは独創性に溢れ、料理を食べるだけではなく見て楽しむことができる。
彼女は元々細やかな気配りの出来る女性だつたが、そんな彼女の思いやりは今や「心遣い」へと変化している。

勿論、他にも見込みのある料理人は大勢いる。
半月包丁とも呼ばれるメッザルーナを操るアルディーニもその一人だろう。

そんな中で薙切は幸平城一郎へ息子はどうだと問いかける。
仙左衛門が言っているのは異能のことだろう。
対して創真の父、城一郎が答える。
「あるわけねーだろ…そんなもん。創真はただのちっぽけな定食屋の倅だぜ?」
逆に問いかける始末であるが、城一郎は創真の身に起こる何かを感じていた。
(普通なら…な…)

数時間後、多くの観客が詰め掛ける中で料理人による勝負が始まる。
ノワールからは“女軍曹”の異名を持つサージェ。
チェンソーのような道具片手に颯爽と入場する。

対する遠月学園からは当然、現第一席、幸平創真。
不適な笑みを浮かべながら入場する。

この勝負が始まる前にサーシャは創真と会っている。
その時、彼女は彼の体からえもいえぬプレッシャーのような物を感じていた。
だからこそ聞かずにはいられない。
「何者なのだ…貴様は…!?」
先程の創真を見ている彼女にはとてもではないが普通とは思えず、異能を見せろと要求する。
「…異能…異能ねぇ……」
気だるげな口調とその瞳は何処かいつもの創真とは異なるのだった。

食戟のソーマ292話の感想と考察

前回はノワール達が、その実力を見せる回でしたが、今回は逆に遠月学園の独壇場でした。
必殺料理を場所、状況、食材を問わず作ることを異能と呼ぶのであれば、遠月の十席には何でもないようなことに思えました。
城一郎も息子にそんな力はないと口では言いつつも、内心ではな何か感じ取っていましたし、私も第一席を担う彼が、何の力もないとは思えません。
ですが、何かは分からないソレは明らかに幸平創真らしくないモノを感じます。
次回、料理対決の中で創真の何かが見れるか期待しています。