約束のネバーランド115話のネタバレと感想!

 

前回のあらすじ

仲間を頼ることを知ったエマ。

その仲間達と協力して、希望を求めて
モールス信号で受信をしたミネルヴァさんを名乗る人物の指示である
ライオンのアゴへ向かう道中であった。

その道中に現れたのは、野生の鬼に襲われていた二人の人間。

なぜここに?
ラートリー家の追っ手か?それとも、、、?

約束のネバーランド115話のネタバレ

鬼に囲まれていた二人の人間。

「助けなきゃ」
エマが咄嗟に二人を助ける為に動く。

それに合わせて、レイとドンも続く。

エマ達は三匹の鬼を弓矢で仕止め、その二人の人間は助かった。

しかし、レイは二人の少年に間髪入れずに銃を突き付ける。
それもその筈。鬼の世界で急に現れた人間だ。

二人の人間はラートリー家の追っ手なのか、それともそうではないのか?
情報が少なすぎる中、敵か味方かも判断が出来ない。

しかし、少年はいきなり土下座し泣きながら感謝を伝えた。
虚を突かれるレイ。

しかし、相手もまた人間との遭遇に驚いていた様子だった。

少年らの名前はジンとハヤト。

少年らと話を聞くと、ミネルヴァさんの命令でGFの脱走者を探していたと。
ミネルヴァさんは現在、農園から食用児を解放し一大集落を築いていると。

「頭が良くて切れ者。神様みたいな人。」
ジンとハヤトはミネルヴァさんの事をそう語った。

自分達もまたミネルヴァさんに助けられて解放された元食用児だと語った。

ミネルヴァとは何者か?ラートリー家の元当主なのか、それとも別人なのか?

彼らは、エマ達をミネルヴァさんの命令の下、アジトへと連れていくようだ。
強い味方が守り、敵の襲撃を受けたことのない楽園というアジトへ。

エマはこの鬼の世界で味方がいることに安堵した。
更にはミネルヴァさんが生きている、そう思って。

そんな中、怪我をしていたクリスの容態が急変した。
ひどい熱、浅い呼吸、浅い脈。

抗生剤は無い。ムジカの薬は使ったこのままではクリスは助からない。
ミネルヴァさんの所まではあと3日は掛かる。

それでは間に合わずクリスは助からない。
打つ手は無いように思われた。

そんなエマに声を掛けたのは先程助けたハヤトだった。

「諦めちゃだめです。」

クリスを救うためならどんな手でも良かった。

その方法を聞き出すとなんと近くにある農園に侵入すること。
そこで、クリスを救うための薬を盗むのだと。

「手引きします。農園へ侵入しましょう。」

まだ会ったばかりの人間。

その言葉は信ずるに値するのか?
決死の潜入作戦は決行されるのか?

約束のネバーランド115話の感想と考察

今回、鬼世界での人間との遭遇。
ミネルヴァさんと名乗る人物の様子が少しではありますが伺えました。

果たして、それは本当にエマ達に脱走を促したミネルヴァさん?

ここは私の勝手な予想ですが、ミネルヴァさん側に
エマと一緒に育ちエマと別れ農園に出荷されたノーマンが居るのではないかと思いました。

あとは、クリスを救うための薬。
エマなら必ず危険を犯しても仲間を救うために動くのだと思います。

そこに レイ達がどう動くのか。
ジンとハヤトは味方なのか?

ハラハラする展開ですね。