アクタージュ 47話のネタバレと考察!「阿良也の芝居」

アクタージュ47話のネタバレと考察!

アクタージュ46話のあらすじ

[keni-linkcard url=”https://crookedruler.com/archives/25″]

アクタージュ47話のあらすじ

最終幕、阿良也の独白から、舞台は銀河鉄道へと戻ります。

カムパネルラとの幸せな時間。

虚無と幸福の相反する感情が危うさを覚えるほどに研ぎ澄まされています。

ジョバンニはまだカムパネルラが死んじゃっていることに気がついていません。

そのために無垢な少年の表情や言葉が切なく際立っています。

ここまで存在感を感じさせなかった少年が、一人芝居によって2つ目の顔を見せたことにより
圧倒的な存在感を持ち始めたのです。

「俺は経験を喰って芝居をする」

阿良也は孤独をもともと知っていたから孤独を演じることは難しくなかったのです。

母親との対話を演じるのは阿良也には経験が少なく難しかった。だからこそ夜凪景の家族の経験を
食らうことで自らの血肉としたのです。

カムパネルラとの幸せを演じるのは阿良也にとっては簡単でした。

阿良也は巌さんと出会えたからです。

巌さんへの感情が阿良也の心を乱しそれがまた阿良也を成長させるのです。

「出会いと別れをありがとう。俺はあんたの死を喰らってより高みへ至る」

返事をしてくれないカムパネルラに対して、ジョバンニは叫びます。

「返事をしてよ、カムパネルラ!」

阿良也の圧倒的な演技に観客は圧倒されます。

亀太郎たちも稽古の比じゃないと驚きます。七生は、景と巌さんを同一視することで阿良也は役とシンクロしている
と感じるのでした。

百城千世子も阿良也の芝居を観て、自分と共演した時の景の姿を思い浮かべます。そして

「私はきょうあなたにも出会えて良かった」と思うのでした。

アクタージュ47話の感想と考察

不幸も幸福すべて自分の血肉とする怪物  憑依型カメレオン俳優 明神阿良也に対して。

今週は夜凪景のターンかと思っていたら、今週も阿良也のターンでした(笑)

孤独だった自分の経験を糧にして、家族の経験を景から喰らい、巌さんとの今の

別れでさえも自らの経験とする。

巌さんはここまで計算していたのでしょうか?だとしたら本当に恐ろしいのは巌さんなのかも

しれませんね。

千世子さえも驚く阿良也の演技ですが、「あなたにも」といっている通り、まだ景の演技が残されて

います。勝ち負けではないですが、この圧倒的な阿良也の演技にも負けない演技を見せてくれるのでは

ないでしょうか?

次回こそは景のターンですね。楽しみです。