呪術廻戦 41話のネタバレと考察!「京都姉妹校交流会 団体戦8」 

呪術廻戦 41話のネタバレと考察!

呪術廻戦40話のあらすじ

[keni-linkcard url=”https://crookedruler.com/archives/40″]

呪術廻戦41話のあらすじ

釘崎と西宮の戦いが続きます。

西宮の遠距離からの攻撃になかなか釘崎は近寄れません。しかしパンダ先輩に投げられ慣れしている
釘崎を相手に攻めきれない様子。

これ以上出力を上げれば殺しかねないと西宮は思うも、実際の所は呪言師である狗巻棘の存在が攻めきれない
一番の理由でした。

京都校3年の加茂憲紀によれば、狗巻棘の「呪言」は音に呪力を乗せるためこちらも
耳から脳にかけてを呪力で守れば良いとのこと。

呪霊に対して特化した術式で、術士にとっては来るとさえ分かっていれば、そこまで怖くはないと。

しかしいつ来るかわからない狗巻棘の存在によって延々と守りに意識をもっていかれることが
厄介であると西宮は思います。

釘に呪力を込めて遠距離攻撃を放つ釘崎の攻撃は空を舞う西宮には当たりません。

西宮はエリート呪術師の家系御三家の一つ、禅院家に生まれた禅院真衣には完璧以上のものが
求められていることを語りますが、釘崎は反論します。

「うるせぇよ」と。

どんな生い立ちであろうと私はアイツが気に食わないこと、そして同じ生い立ちの真希が大好きであること。

そしてみんなが殺そうとしている虎杖悠二がどんな人間かを少しは考えたことがあるのかと。

「完璧も理不尽も応える義務がどこにある?テメェの人生は仕事かよ」

再度、蒭霊呪法「簪」によって釘を飛ばすと、飛ばし続けた釘によって折れた木が西宮の飛行を妨げます。

一瞬の隙をついて接近しますが、ギリギリの所で西宮は回避し反撃の蹴りを繰り出します。

しかし釘崎の狙いは接近時に掠め取った箒の枝。藁人形にセットします。

「男がどうとか女がどうとか知ったこっちゃねーんだよ」

「私は綺麗にオシャレしてる私が大好きだ。強くあろうとする私が大好きだ」

「私は釘崎野薔薇なんだよ!!」

藁人形を打ち付けることで西宮の箒の操作を奪います。

バランスを崩した西宮に、釘崎はトンカチでは殺傷能力が高いことを懸念し、ピコピコハンマーに
呪力を流して攻撃します。

一撃、二撃、三撃、トドメのもう一発を繰り出そうとしますが、その瞬間、釘崎の
こめかみにゴム弾がヒットし釘崎は意識を失います。

遥か彼方からゴム弾を放ったのは禅院真衣。

メカ丸の心配をしながらも西宮にサポートを頼む真衣に、西宮は何かいいたげでしたが、
「いいのよ桃、わかってる」と言い電話を切ります。

そんな真衣のもとに現れる禅院真希。

仲間呼ばねーの?と問う真希ですが、真衣は、

「一人で楽しみたいの、アンタは」と銃口をむけると

「お姉ちゃんって呼べよ、妹」と真希は刃を向けるのでした。

呪術廻戦41話の感想と考察

釘崎の圧倒的なアイデンティティを見せつけた今回。

一つ一つの言葉があまりにも男前でめちゃめちゃカッコいいですよね。全部名言。

「テメェの人生は仕事かよ」って女性キャラがなかなか言うセリフじゃないけどカッコ良すぎ(笑)

対する京都サイドも

西宮は真衣に対する思いは強いようですし、そんな西宮の気持ちも真衣には伝わっている様子。

禅院真衣も初登場のなんか嫌なやつのイメージではなく、仲間をちゃんと思ってるのが伝わります。

禅院姉妹の戦いが始まりますが、接近戦では真希が圧倒的に有利。と思いますが、今回見せた真衣の
超ロングレンジ射撃も強力ですし、なにより完璧を上回るほどの完璧を求める超エリート禅院家の力。

前回強さを見せた真希ですが、そう簡単にはいかないでしょう。

戦いはますます盛り上がって来てますね。個人的には呪言師である狗巻棘の戦いも楽しみです。

次回も楽しみですね。