約束のネバーランド 117話のネタバレと考察!「檻への侵入」

約束のネバーランド 117話のネタバレと考察!

約束のネバーランド116話のあらすじ

けがをして危篤状態となったクリスを救うため、ハヤトの案内の下農園へ侵入したエマ、レイ、そしてアンナ。
予期せぬタイミングで見張りの鬼に見つかり、警報鳴り響く中二手に分かれた。
ハヤトとレイが逃げて鬼を引きつけ、その隙にエマとアンナが薬を探す。
果たして、全員無事で戻れるのか・・・?

[keni-linkcard url=”https://crookedruler.com/archives/22″]

約束のネバーランド117話のあらすじ

警報鳴り響く中、薬のある部屋へたどり着いたエマとアンナ。
必死に探す中、アンナは目的の薬を見つける。
― 急がなきゃ ―
レイとハヤトが鬼を引きつけている間に。
複数の鬼に追われるレイ。
そこにハヤトも合流。
レイは驚きを隠せない様子。
それもその筈。レイはハヤトがエマと一緒に行ったと思っていたからだ。
しかし、ハヤトは震えながらレイに伝える。
「あの二人を守るためにも俺たちは捕まっちゃいけない…
一秒でも長く逃げ回らないといけないんです!!」
レイはハヤトの決意を受け取る。危険なおとり役を買って出たのだから。
誰一人死なず一緒に帰ろう。
引きつけるだけ鬼を引きつけ離脱し、エマと合流することにした。
鬼はレイが倒し、逃げ道をハヤトが案内する。
逃げている途中、レイは小窓から中を見た。それは何を見たのか…?
一方、必要な薬を全て手に入れたエマとアンナ。
農園から離脱するべく、帰路を歩む。
行きの道同様、水路のような場所を通る。
不安そうなアンナにエマはレイとハヤトは大丈夫だと声をかける。レイ自信、守る相手が居た方が死なないと。
その為にもレイ達と合流し、みんなの下へ帰ろう。
そう思い、外に出ようとマンホールの蓋をエマが先導し上へ押し上げた。

蓋を上げるとそこは、三匹の鬼。

エマは、慌てて蓋を閉める。
「逃げて!!鬼が外に―」
エマがアンナに叫ぶ間に鬼はマンホールの蓋を開けエマを掴み出す。
アンナが下から悲鳴に似た声でエマを呼ぶ。
三匹の鬼は掴んだ手の中のエマを見て、本部に報告しようとする。
アンナはマンホールの蓋の下で、涙を流しながら息をひそめるも鬼に存在はばれていた。
鬼は、エマの首の番号を見つけてグレイスフィールドの高級農園であると分かると大口を開け、本部への報告を忘れ、我先にとエマを食べようと奪い合う。
エマは、鬼に掴まれた腕から出られない。
まさに、絶体絶命。
食べられる、そんな時であった。
一瞬の間に、鬼は絶命。鬼は横に振られた刀によって鬼は倒されたのだ。
エマを救ったのは、左の首元にぬいぐるみのような人形を下げ目出しのある袋を被り顔は伺えない者。
発する言葉はうめき声のような言葉で、人間なのか鬼なのか分からない。
その者が呆気にとられたエマを殺そうと刃を振り下ろすところで、ハヤトが現れ止めに入る。
どうやら、その者は仲間のようだ。
アンナは、助かったエマを抱きしめ泣く。追いついたレイも安堵の息をつく。
そこに、ハヤトは謎の者を紹介する。
名前は、ザジ。ミネルヴァさんの腹心であるもののミネルヴァさんの言うことしか聞かない狂犬であると。
恐らく、戻りの遅いハヤトとジンを探しに来たのであろう。
エマはザジに疑いの目を向けつつも、命を救われたザジと一緒に仲間の下へ帰るのであった。

約束のネバーランド117話の感想と考察

危うくエマが食べられるかも知れないという、ハラハラとした展開の今回でした。
正直、エマ達に安全な世界はないと改めて感じました。
怪しげなザジという人物も登場するも、もしかすると以前出てきたアダムと同じ農園出身ではないかと思います。
そうなると、ミネルヴァさんは本当に味方なのか?
仕組まれた罠なのではないかと疑ってしまします。
しかしそうでないと考えると、余計にノーマンの存在が見えてきました。
アダムは以前、ノーマンの首の番号を読み上げていたので。
読めない展開に、今後も期待です。